ドイツでPoco a Poco

人生後半を楽しみたい 日々の記録と昔の記憶

bücherschrank 本棚

歩道にある本棚

みんなが利用出来る本棚

ドイツ各地にあり

手続きなど無し

匿名無料で交換持ち帰り出来て

どこの本棚に置いても戻してもOK

自由に利用出来る

f:id:marugarico:20210205232848j:plain

ここのは5年前に設置された

f:id:marugarico:20210205232826j:plain

ベンチでずっとおしゃべりしている

おじいさんとおばあさん

『全部持って行っていいよ』と

 

 

 

offener bücherschrank    開いた本棚

ポケモンGOから教えてもらった

f:id:marugarico:20210206011322j:plain

 

日本だったら台風やゲリラ豪雨

ビショビショに濡れたり

倒れたりしてしまいそうなのに

さすがはドイツ

ここのところ続いている強風大雨でも大丈夫

頑丈に出来ている

f:id:marugarico:20210205233954j:plain

棚の下の方には KINDERBÜCHER  こどもの本

 

(最近長いドイツ語の切るところがわかってきた)

(KINDER/BÜCHER  こども/本 )

(Buchが本 なんでerがつくかわからないが)

KINDERBÜCHERだと長く感じるけど

KINDERとBÜCHERなら

なんて事はない気がする

 

 

 

当たり前だけどドイツ語の本ばかり

ここに日本の本置いたら、誰か読むかな?

漫画本だっだら棚からすぐに無くなるかも

 

昔むかし

バルセロナの学校でバザーの時

始まる前からスペイン人がたくさん並んでいて

日本の漫画本はあっという間に売れた

 

当時スペインのテレビでは

ドラゴンボール、アラレちゃん、

この2つは何回も再放送されていた

らんま1/2キャプテン翼

ドラえもんポケモン

クレヨンしんちゃん

母を訪ねて三千里など

日本のアニメがたくさん放送されていて

それをスペイン語で見ていた

 

ドラえもんは発音が違う

ド・イモン と聞こえ

 

ポケモンのムサシとコジロウは

登場するときに

ジェシージェシカだった

 

キャプテン翼は日本で見たことないけれど

サッカーが盛んなスペインで

日本のサッカーアニメが人気なんて素晴らしいと思った

オープニングで

♪オリベンオリベン♪と歌っていたから

翼 =  オリベンと思っていたけど

どうやら違う

オリベルとかオリバーとか

ヨーロッパでサッカーはボールを蹴る人より

キーパーが一番人気だからキーパーの名前らしい

 

あの頃、大人気はクレヨンしんちゃん

幼稚園ママに「何?あの日本の男の子」と

言われたので嫌がれるかと思ったら

とてもウケテイタ

多分お尻を出して変な動きをするのが

スペイン人にぴったりハマったと思われる

そしてスペインお土産の人形にもなった

お尻を出したまま人形になったクレヨンしんちゃん

 

日本のアニメは昔も今もすごい人気

 

 

そういえば

スペインはテレビ局によって時刻が違っていた

朝スクールバスに遅れないよう

テレビで時刻を見ているが

1〜2分ほどだけど

テレビ局によって違っていた 

日本では有り得ない事

ビックリというかスペインだなというか

 

つづく